blog-RuinDig

短かったり長かったりする。Articles are my own.

新型コロナワクチン接種証明書アプリのハンズオン(Androidアプリ ver.1.0.12)

はじめに

新型コロナワクチン接種証明書アプリをインストールしてマイナンバーカードを使ってワクチン接種証明書を発行した。ここで紹介するのは2021年12月20日に公開されたAndroidアプリのバージョン1.0.12になる。最新情報はデジタル庁の新型コロナワクチン接種証明書アプリのページを確認してほしい。

デジタル庁の関連ページ

新型コロナウイルスのワクチン接種証明書アプリに関連するデジタル庁のページは以下の通り。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ
https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert

利用規約
https://vc.vrs.digital.go.jp/vpa/eula.html

よくある質問
https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert_faq

新型コロナワクチン接種証明書アプリ プライバシーポリシー
https://vc.vrs.digital.go.jp/vpa/privacy-policy.html

2021年12月21日の時点で以下の案内も出ている。

新型コロナワクチン接種証明書アプリへのご不明点とご要望について|デジタル庁|note(ノート):
https://digital-gov.note.jp/n/n0b6e6d9fb03b

アプリ

2021年12月20日にAndroidアプリとiOSアプリが公開。今回操作したのはAndroidアプリのバージョン1.0.12になる。

【Androidアプリ】

play.google.com

【iOSアプリ】

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

  • デジタル庁
  • メディカル
  • 無料

apps.apple.com

Androidアプリ「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」のアプリストア画面

起動から発行まで

アプリをインストールして、ワクチン接種証明書を発行してみた。

初回起動直後

初回起動直後の画面ではアプリの紹介やアプリができる事、マイナンバーカードが必要である事、利用上の注意を伝えている。

利用規約

利用規約の画面で「同意する」を押してチェックを入れると次へ進める。

利用規約:https://vc.vrs.digital.go.jp/vpa/eula.html

vc.vrs.digital.go.jp

登録開始

初めて起動して未登録のため画面の上部にある接種証明の欄が空欄になっている。

海外旅行・海外出張の予定は全くないため、今回は「日本国内用」を選択した。

マイナンバーカードの読み取り

マイナンバーカードの券面事項入力補助用の暗証番号(数字4桁)を入力して「OK」を選ぶ。マイナンバーカードの券面事項入力補助用の暗証番号(数字4桁)を3回連続で間違えるとロックされる。その場合は市区町村役所の窓口でロック解除を依頼する。

スマートフォンのNFC読み取り位置にマイナンバーカードをかざして読み取る。

マイナンバーカードの読み取りが完了。

ワクチン接種記録の照合

住んでいる都道府県と市区町村名を選ぶ。

ワクチン接種記録が照合されて、見つかった事を伝えている。

接種したワクチンの情報

接種したワクチンの情報が表示されている。しっかり2回分の情報になっている。「発行する」を押す。

ruindig.hatenablog.jp

発行完了

前の画面で「発行する」を押してからワクチン接種証明書の発行は5秒程で完了した。速い。

これで日本国内向けの新型コロナウイルスワクチン接種証明書が発行されたと同時に、これがアプリを開いた時のホーム画面になる。

証明書の表示

ホーム画面に示された証明書を押すと、スキャンする際に用いる二次元コードや接種したワクチンの種類、ワクチンのメーカー、接種した日付などを確認する事ができる。

ワクチン接種証明書の詳細画面。

「二次元コードを表示する」「氏名を表示する」「生年月日を表示する」をそれぞれ押すと、以下のように氏名や生年月日を展開する。二次元コードは画面に大きく表示される。

ワクチン接種証明書の詳細画面で氏名と生年月日を表示した画面。

二次元コードの表示範囲

右上のダウンロードのアイコン下向きの矢印が描かれたダウンロードのアイコンを押すと、二次元コードを画像ファイルとしてダウンロードする事ができる。その左隣にはゴミ箱のアイコンゴミ箱のアイコンがあって、これを押すと発行した接種証明書のデータを削除する事ができるようになっている。

「接種証明書を削除します。よろしいですか?」というメッセージの下に「キャンセル」と「削除」の2つが並んでいる。

メニューの表示

ホーム画面

ホーム画面の左上にあるメニューボタン3本の横線が縦に並んだメニューボタンから、カメラを通じた二次元コードの読み取り、接種証明書の追加発行、接種証明書の発行手順の確認、お知らせの表示や利用規約の表示などができる。

ホーム画面の左側からメニューが表示される。

「接種証明書を表示する」を押すと、ホーム画面に移動する。

発行手順の確認

ホーム画面右上のクエスチョンマークのアイコン? クエスチョンマークのアイコンとメニュー内の「発行手順を確認する」のどちらを押しても、同じ内容が表示されるようになっている。内容は初回起動直後に表示される内容と同じで、途中で「アプリの説明を省略する」を押すと戻る事ができる。

発行手順の確認:1ページ目

発行手順の確認:2ページ目

発行手順の確認:3ページ目

発行手順の確認:4ページ目

お知らせや利用規約など

お知らせ・よくあるお問い合わせ・利用規約・プライバシーポリシーはアプリ内ブラウザでデジタル庁のページが開く。

二次元コードのスキャン

二次元コードのスキャンもしてみた。アプリに対してカメラの使用権限を許可する必要がある。

「フレームに合わせてください」というメッセージが書いてある。二次元コードを読み取る枠は証明書で表示される二次元コードよりも小さい。
「フレームに合わせてください」というメッセージが書いてある。二次元コードを読み取る枠は証明書で表示される二次元コードよりも小さい。

証明書の表示でダウンロードした二次元コードの画像をスマートフォンからノートパソコンに転送して、ノートパソコンの画面に表示して読み取ってみた。パソコンの画面とは40cm程度離れた状態で読み取った。

ノートパソコンの画面に二次元コードを表示して読み取ってみた
ノートパソコンの画面に二次元コードを表示して読み取る様子

二次元コードの読み取りに成功すると画面には、

  • 氏名
  • 生年月日
  • ワクチン接種回数と最終接種年月日
  • 1回目のワクチンの接種年月日
  • 1回目のワクチンの種類
  • 1回目メーカー名
  • 1回目のワクチンの製品名
  • 1回目のワクチンの製造番号
  • 1回目の接種国の情報
  • 2回目のワクチンの接種年月日
  • 2回目のワクチンの種類
  • 2回目メーカー名
  • 2回目のワクチンの製品名
  • 2回目のワクチンの製造番号
  • 2回目の接種国の情報

が表示される。読み取り後に表示される情報ではなく、二次元コードに含まれる情報についてはデジタル庁の「よくある質問」のページを参照。

Q6-3 接種証明書の二次元コードには、どのような情報が含まれますか。 - よくある質問 - デジタル庁
https://www.digital.go.jp/policies/vaccinecert/faq_06#q03

www.digital.go.jp

氏名・生年月日・ワクチン接種回数と最終接種日
二次元コードを読み取った後に表示されるワクチン接種証明書の情報。画面の下に「有効な証明書です。」と書いてある。

マイナンバーカードの発行

マイナンバーカードの申請と受け取りについてはマイナンバーカード総合サイトを見た上で、住んでいる地域の市区町村役所の窓口に問い合わせるのが良い方法になる。

www.kojinbango-card.go.jp

www.kojinbango-card.go.jp

関連資料

Impress Watchでは、キャッシュレス決済を中心に取材活動を行うITジャーナリストの鈴木淳也さんによる、ワクチン接種証明書アプリで発生している旧姓併記やローマ字併記でのエラーに関するデジタル庁からの回答、ワクチン接種証明書の運用に関する内閣官房の担当者の方からの説明、それらに関連した鈴木さんの視点について書かれた記事が掲載されている。

www.watch.impress.co.jp

デジタル庁からは旧姓併記のマイナンバーカードを使う方への案内や通信データが見られてしまうのではという不安などへの回答が書かれた文章が公開されている。

その他

-end-