blog-RuinDig

短かったり長かったりする。Articles are my own.

読書メモ:イングレス ザ・ナイアンティック・プロジェクト

※第1章からエピローグまでの目次は「本の内容に関わるメモ」の【メモ】を展開すると移動できる。

書籍紹介

『イングレス ザ・ナイアンティック・プロジェクト』はNiantic, Inc.(Niantic社)が開発するスマートフォン用位置情報ゲーム「Ingress」の公式小説。著者:フェリシア・ハジラ=リー、監訳:土屋つかさ

日本語版は紙と電子書籍で、

honto.jp

英語版はKindleで読める。

The Niantic Project: Ingress (English Edition)

The Niantic Project: Ingress (English Edition)

 

あらすじ

2012年12月1日*1にスイスのCERNで行われていたナイアンティック計画の研究の際にパワーキューブが暴走した事故「啓示の夜」以降のデブラ・ボグダノヴィッチ(ナイアンティック計画のメンバーの1人)の逃避行をはじめとする、「啓示の夜」以降のナイアンティック計画を取り巻く様々な人物の動向を描いている。

wrapup.lycaeum.net

wrapup.lycaeum.net

合わせて、「啓示の夜」の前後を描いたIngress公式コミック『イングレス・オリジン』も紹介しておく。日本語版・英語版の両方がKindleで読める。

イングレス オリジン (Niantic Inc)

イングレス オリジン (Niantic Inc)

 
Ingress Origins (English Edition)

Ingress Origins (English Edition)

 

本の内容に関わるメモ

あえて隠しているが、ここを見ながら読み進めるという事も可能。※第1章からエピローグまでの目次は【メモ】を展開してから開くと移動できる。

 

【メモ】以下、第1章からエピローグまで

第1章

  • 「啓示の夜」の事故の後、デブラ・ボグダノヴィッチが列車に乗ってCERNから逃亡する様子を描いている。
  • CERNにおけるヒッグス粒子研究の一環として、エキゾチックマター(XM)が発見、定量化された。
  • 神経生物学者ジーク・カルヴィン(エゼキエル・カルヴィン)はXMから検出される素粒子レベルの脈動の波形から導き出したダイアルトーンをげっ歯類や霊長類の脳に電気パルスとして浴びせた。オリバー・リントン=ウルフはXMが集中するエリアへ人間を導くために地図を用いたスマートフォン用アプリの開発を進めた。

第2章

  • フィリップスとファーロウによってローランド・ジャービスとデブラとは別の人物が射殺された。ジャービスの遺体からXMが放たれた。
  • デブラはクリスティー・ノヴォセル博士と合流。
  • 855はカール・アメストンに成りすました。

第3章

第4章

www.hankyu-travel.com

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Škocjanske jame #skocjanskejame #caves #unescoslovenia #jeskyne #slovenia

Petr Vltavský(@petrvltavsky)がシェアした投稿 -

第5章

  • マーテル・チェンバー。
  • 瀕死のファーロウ。

第6章

  • デブラはシュコツィアン洞窟群からローマにたどり着いた。
  • トレビの泉。デブラがここにいたのは夜だろうか?

デブラは泉を見つめた。彫刻はやわらかな光に照らされていた。青くはないが、緑でもない。

出典:フェリシア・ハジラ・リー著、土屋つかさ監訳『イングレス ザ・ナイアンティック・プロジェクト』p.92、星海社、2015年10月27日。

f:id:edgeknight:20200503124348p:plain

イタリア・ローマにある、トレビの泉。世界各地から訪れる人が多い人気の観光スポットである。2003年4月撮影。
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

CIAO AMICI!👋 Forse vi starete chiedendo come mai vi parliamo di questa bellissima città in questi giorni... Beh la verità è che dovevamo passare il nostro ponte del 1° Maggio passeggiando per le vie di Roma! 🎈🤷‍♀️ 🔹 Purtroppo non è stato possibile, ma non ci siamo perse d'animo. Cariche come non mai abbiamo viaggiato con la mente tra i ricordi e tra le foto dei monumenti più importanti 💪👭 🔹 Torneremo presto Roma, è una promessa! ✨❤️ E voi, avevate qualche programma per il weekend? 🤩 🔹 #torneremoaviaggiare #insiemecelafaremo #roma #trevi #fontana #italia #italy #igers #igersroma #igersitalia #friends #friendship #travelphotography #instaphoto #travel #2020 #quarantine #quarantinelife #city #sunset #autumn #laurice #lauriceworld #happygirls

Laura & Alice ®(@lauriceworld)がシェアした投稿 -

  • ハンク・ジョンソンがテレビシリーズの売り込みにトレビの泉を訪れていた。パワースポット。
  • デブラはまだXMが自分にどう作用するのか分かっていない。
  • フォルマッジオ。
  • ユエン・ニィ:女性。中国系アメリカ人2世。マーシーハースト大学のインテリジェンス研究所からNIAに採用され、NIA内に敵勢力排除のための実働部隊を組織。
  • NIAは大型ビジネスジェット機、ガルフストリームG550を所有。

www.youtube.com

www.gulfstream.jp

www.pub-hub.com

www.zaha-hadid.com

www.archdaily.com

www.art-it.asia

www.maxxi.art

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Minha primeira vez em Roma eu estava tão ansiosa para conhecer o Coliseu e outros tradicionais pontos turísticos assim como eu queria visitar o MAXXI, o primeiro projeto da Zaha Hadid que eu iria conhecer (coisa de arquiteto, né). . As mostras e exposições que estão no interior é um caso a parte já que o prédio em si é uma obra-prima, sua fachada contrasta com o visual Italiano como um elemento futurista em meio a paisagem local tão tradicional. . A fachada branca, de linhas retas e poucos detalhes tem um ponto interessante, um espelho que reflete o cenário tradicional Italiano, mostrando que a história da cidade também está presente no prédio, através das imagens refletidas. . MAXXI, Museu de Artes do século XXI, em Roma, é o primeiro museu de arte contemporânea na Itália. Um projeto da arquiteta Zaha Hadid que foi inaugurado em 2009, sua construção durou 10 anos e o projeto é vencedor do premio Stirling Prize for Architecture.

Nayhana Rodrigues Arquitetura(@nayhana_rodrigues_arquitetura)がシェアした投稿 -

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

L’intérieur du MAXXI - Musée national des Arts du 21e siècle (Museo nazionale delle arti del XXI secolo), dans le quartier Flaminio à Rome. Œuvre de Zaha Hadid, ce complexe (27 000 m2) consacré à l’art contemporain a ouvert ses portes en 2010. Il a valu à la célèbre architecte anglo-irakienne le Prix Stirling, qui récompense la meilleure création architecturale de l’année. Nous en sommes ce mardi au 42e jour de confinement... Restons chez soi et continuons notre voyage intérieur; et entretenons nos rêves avec nos archives photos. C’était en janvier dernier à Rome, il y a trois mois, une éternité... #rome #roma #maxxI #museenationaldesartsdu21esiecle #museonazionaledelleartidelXXIsecolo #zahahadid

Michel Eggs(@michel_eggs)がシェアした投稿 -

イタリア国立21世紀美術館の館内。

  • ADAはデブラをモニタリングしている。デブラの友人・家族・同僚・昔の恋人などを問わず誰もが対象になっている。
  • デブラはアレッサンドロ・カッセリ博士と合流。

第7章

  • 瀕死のファーロウ。シュコツィアン洞窟群の出口に着いた時には警察・救急隊・観光客はいなかった。
  • 「鉄飯碗」(ティエファンワン):仕事が必要な人間には誰にでもできる仕事が与えられるという意味らしい。
  • 上海の肇嘉浜路(ザオジャバンル)通り、徐家匯(シュージァフィ)公園。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#徐家匯公園

任鍾誠R-love(@renlove520)がシェアした投稿 -

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

💁🏻‍♀️徐家匯公園 #20180915 #love #travel #shanghai #徐家匯公園 #洗版結束 #stopstopinchina

@ stopstoooooopがシェアした投稿 -

  • ヒューロン・トランスグローバルのソンとレイ。

第8章

  • 年老いた女主人とオートバイのヘルメットを持つ男。
  • ヘリコプターに乗ったデブラはイリヤ・ペヴソヴの元へ。
  • 歴史上で最も力を持っていた人物。それはアレキサンダーフビライ・ハン、毛沢東オバマ大統領ではなく、パブロ・ピカソ。自ら作り出す物の価値の高さを利用して自分が銀行になった。
  • ナイアンティックを辞めたデブラはシェイパーとの終わり無き軍拡競争に突入する前にXMの武器化を止めようとしている。
  • 855=マイケル・ギルブライト。

第9章

www.travel.co.jp

  • 腸を撃たれた被害者の多くはひどい渇きの感覚に襲われる。
  • ファーロウはNIAの隠れ家で自分に応急処置を施した。NIAの隠れ家というだけあって、衣服・武器・医療品が揃っている。遠隔の監視装置も稼働しているようだ。
  • 上海の豫園(ユーユェン)。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

上海で、ホテルに荷物置いて最初に行ったのが、#豫園 (よえん)🇨🇳 * めっちゃ大きいチャイナタウンって感じで、肉まん食べたり、茶館でお茶飲めたり、伝統的な中国っぽい建物で写真撮れたりする🐼 伝統服で写真ツアーしてるカップルもいた👫💕メインの庭園は、鑑賞は別料金で入場なんだけど、今回は時間がなくて断念😭 * 18年かけてつくった庭園らしく、同じような風景が入り組んで続くから、まるで迷路😂迷子にならないように気をつけて!(笑) * ちょうど私が行ったときは、正月前でtheねずみ年モード🐭 なんか風情が…とも思ったけどこれも思い出。 _ #上海 #上海旅行 #チャイナタウン #女子旅 #travelphotography #여행스타그램 #旅行記 #海外旅行好きな人と繋がりたい

なかまる( ˙ᵕ˙ ) 渡韓記録と韓国まみれの日々(@punnikouri)がシェアした投稿 -

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

12/16-18 🇨🇳 . 綺麗過ぎる。 #ユィーユエン#豫園#ニセピカチュウ

きっし(@kishidaaaman)がシェアした投稿 -

  • 携帯電話連動型の爆弾をバイクに積み、爆破。

第10章

  • ヴュンスドルフはドイツ北東部、ベルリンから直線距離で約40km南にある街。

  • ヒューロン・トランスグローバルはアフリカにも事業展開しているようだ。アフリカでの事業管理をする取締役が死亡している。
  • イリヤがデブラに用意した研究室は、デブラの声紋を鍵とする扉・サーバー・ハードディスク・クリーンルーム電子顕微鏡・高域幅デジタルオシロスコープと高速信号発生機のセット・ロジックアナライザが揃っている。どれも新品。
  • ジャービスが生きている?幻覚か?
  • ジャービスはXMを浴びた「啓示の夜」でナイアンティック計画が崩壊する事に気づいた。
  • ファーロウもXMを浴びた事で、未来が見えるようになっているのだろうか。

第11章

  • イリヤの会社としてヴィスルの名前が登場。ヴィスル・メディア・グループはハンク・ジョンソンのドキュメンタリー番組「ノマド」に関心がなく、デブラのために来させられた。
  • エラスムスブルク(Erasmusbrug)、またはエラスムス橋。ハンク・ジョンソンによると、デジデリウス・エラスムスという中世のカトリック司祭にちなんで名付けられたらしい。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#erasmusbrug #rotterdam #010 #stilopstraat #gers #coronacrisis2020 #lockdown

Vera van Utrecht(@vera1973)がシェアした投稿 -

ロッテルダムにあるピョートル大帝の像。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#thebronzehorseman Monument dedicated to first russian emperor and founder of Saint Petersburg - Peter the Great. Monument is located on Senatskaya ploshchad (Senate Square) not far from Hermitage. The statue of horseman is full of dignity and determination. Peter the Great is proudly looking at his brainchild while emperor's horse is trampling the snake - the embodiment of evil forces. The monument symbolizes the victory of the human spirit over chaos. Instead of the typical pedestal, the creators of the monument consciously used a huge wild granite boulder, mined in the area of St. Petersburg. The bronze horseman is a talisman of St. Petersburg. According to legend, while the monument stands in its place, the city will never surrender to any enemy.

Saint Petersburg Explore(@alone_with_spb)がシェアした投稿 -

「青銅の騎士」と呼ばれるピョートル大帝の騎馬像。騎馬像がある広場は元老院広場(旧デカブリスト広場)。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#peterthegreatstatue #peterthegreat

🐬🎶(@heidelberg_11)がシェアした投稿 -

モスクワ川沿いのクリムスカヤ・ナベレジュナヤ通りの向かいにあるピョートル大帝の像。金色の巻物を掲げている。

  • 855=ウェイド・マーカス。
  • カルヴィンの家族:1男2女。長女のエミーはユタ州立大学1年生。次女のエブリンは高校2年生。長男のジョシュアは小学校5年生。妻のジョイスは数年前にリンパ腫で亡くなる。ジョイスの妹が育児を手伝っている。

「私が毎朝起きて働くことができるのは子供たちがいるからです、ニィ所長」(カルビン)

出典:フェリシア・ハジラ・リー著、土屋つかさ監訳『イングレス ザ・ナイアンティック・プロジェクト』p.227、星海社、2015年10月27日。

  • ワシントンD.C.にオフィスを構えるIQテック。
  • カルヴィンは855がぐるぐる巻きにした銃をニィに渡した。

第12章

  • カルヴィンはニィの部下ではなく、ニィの上の立場に立った。
  • カルヴィンがIQテックへ異動する際に、ADAが保持しているCERN内のナイアンティック研究施設で起きた全ての出来事を記したデータのうち、潜在的に重要なデータが行方不明になったという。
  • デブラがオランダにいる間、ナイアンティック計画の中核的研究結果がデブラの研究室のコンピューターに届いた。半年分の飛躍になるらしい。
  • イリアによれば、ヴィスル(Visur)はウイルス(Virus)の言葉遊びでもあり、リトアニア語で「どこにでも」の意味があるという。
  • ダークXMはエキゾチック・アンチマター?
  • ヴェスヴィオ山。

遠くに見える山がヴェスヴィオ山。

ヴェスヴィオ山の火口。

ポンペイの壊滅的被害はヴェスヴィオ山の噴火によるもの。

natgeo.nikkeibp.co.jp

www.afpbb.com

f:id:edgeknight:20200503112219p:plain

イタリアにあるポンペイ遺跡の一部。2003年4月撮影。
  • クルーの動画。

www.youtube.com

ingress.lycaeum.neth

www.youtube.com

ingress.lycaeum.net

  • クルーとP.A.シャポーの密会。以下の資料か、あるいはもっと前のものか。

ingress.lycaeum.net

  • クルーとP.A.シャポーをウェイド=855が狙う。

エピローグ

  • "身元不明人"ジョン・ドウ139号=車にはねられた855。
  • ADAは855の脳活動のデータを集め、送信した。

 

読んだ感想など

実は2015年の発売当日あたりに買って、2015年10月31日のミッションデイ横須賀にいらしたNiantic社の川島優志さんにサインを頂いてから、冒頭の数ページだけ読んでいたが、英語がややできるとはいえ、当時はIngressのストーリーラインをほとんど理解しておらず、内容があまり飲み込めなかった。

f:id:edgeknight:20200515014937j:plain

Niantic社の川島優志さんから頂いたサイン。2015年10月31日、ミッションデイ横須賀にて。

しかし、ストーリーラインについてある程度解説ができる程に理解ができてきた今となっては滞ることなく読み進められた。

ruindig-ingress-timeline.hatenablog.com

トレビの泉やヴェスヴィオ山(ポンペイ遺跡関連)は行った事がある場所あるいは訪れた場所と関わりがあるので、印象に残る所だった。

先に説明した通り、本書は、2012年12月1日にスイスのCERNで行われていたナイアンティック計画の研究の際にパワーキューブが暴走した事故「啓示の夜」以降のナイアンティック計画を取り巻く様々な人物の動向を描いているので、公式小説とはいってもスピンオフではなく、Ingressのストーリーラインに関わってくる内容なので、ストーリーラインを深く追いかける人にとっては見逃せない。

wrapup.lycaeum.net

wrapup.lycaeum.net

-end-

*1:Ingress公式コミック『Ingress 1, 2, & 3 - First Edition』の第1話「啓示の夜」に日付が書かれている。これは『イングレス ザ・ナイアンティック・プロジェクト』の巻末付録と『Ingress 1, 2, & 3 - First Edition』のGoogleブックスのプレビューでも確認できる。2020年5月3日時点では『Ingress 1, 2, & 3 - First Edition』は購入できない。

Ingress 1, 2, & 3 - First Edition

Ingress 1, 2, & 3 - First Edition

  • 作者:Tycho
  • 発売日: 2014/08/20
  • メディア: Kindle
 

play.google.com