blog-RuinDig

短かったり長かったりする。Articles are my own.

日本語訳:エゼキエル・カルビンのスピーチ文書

2020年10月9日、Ingressのストーリーライン調査コミュニティのオペレーション・エセックスのTelegramグループにオシリス世界のエゼキエル・カルビンのスピーチ文書が投稿された。

文書

f:id:edgeknight:20201009161210p:plain

ECNIABB: Ezekiel Calvin, NIA internal speech p01

For those of you who don't know me, my name is Ezekiel Calvin. I have been... out of pocket for the past twelve months, give or take. But I'm back now, and honored of officially resume my duties as director of the NIA. I wanna start by thanking all of you for all of the great work you've done in my absence. Beyond that, I want to say that, even though I am no longer Sensitive to Exotic Matter with a capital 'S', that does not mean that the NIA will be any less dedicated to plumbling the depth of what XM has to teach us. The Niantic Project is still going strong, and that is going remain the case for a long time. At least, as long as I have anything to say about it.

One of the most intriguing properties of XM is its ability to transmit information; Thoughts, ideas, messages. It was the discovery of the ordered data pattern in the XM that made us first realize that XM was more than just a random natural phenomenon. There were messages encoded within the XM... and messages implied the existence of a sender. The senders, in this case, were Exogenous beings that lived outside the confines of our universe. But, in light of recent event5, the Exogenous are no longer in a position to influence our world. And the ramifications of that are only just beginning to 6e felt.

Human beings have always had the ability to inspire one another. Through art, music, knowledge. Only, now, we are entering an era in which humanity will be able to continue that practice on an unprecendented scale. For there has been a void left in the absence of the Exogenous... and  it is a void that only we can fill. XM is still an incredible medium for the dissemination of knowledge. And, for the first time in the history of our spiecies - with the help of the Ingress Scanner - humanity will be able to utilize Exotic Matter on our terms. Moving forward, XM will be a medium by humans and for humans. And it is our hope that all of us, collectively, will be able to leverage this medium to the betterment of all humankind.

In the past, when Ingress Agents captured Portals, they were always resonating those Portals to their Faction. However, a side-effect of that resonation was that it primed the XM coming out of those Portals for use by their associated Exogenous entities, Shapers for the Enlightened, N'zeer for the Resistance.

ECNIABB:エゼキエル・カルビンによる国家情報局内部スピーチ 1ページ

「知らない人もいるかもしれないが、私の名はエゼキエル・カルビンだ。私は…過去約12カ月間不在だったが、今こうして戻ってきた。国家情報局局長としての職務を正式に再開する事を光栄に思う。私の不在の間の素晴らしい仕事に感謝する事から始めたいと思う。その上で言いたいのは、私はもはやエキゾチックマターのセンシティブではないが、XMが私達に教えてくれる事の深みを掘り下げる事に対する国家情報局の貢献は減らないという事だ。ナイアンティック計画はまだ力強く続いているし、それは長い間このままであり続けるだろう。少なくとも、私がそれについて何か言う事がある限りは。

XMの最も興味深い特性の1つは、思考、アイデア、メッセージなどの情報を伝達する能力である。XMが単なるランダムな自然現象ではない事を初めて認識させたのは、XMの統一されたデータパターンの発見だった。XMの中には暗号化されたメッセージがあり、メッセージは発信者の存在を示唆していた。この場合の発信者とは、宇宙の境界線の外に住むエクゾジェナスであった。だが最近の出来事を考えると、エクゾジェナスはもはや私達の世界に影響を与える立場にはない。そしてその影響は感じられ始めたばかりだ。

人間は芸術、音楽、知識を通して、常にお互いに刺激し合う能力を持っている。たった今、私達は、人類が前例のない規模でその練習を続けることができる時代に入っている。エクゾジェナスの不在の間に残された空洞があったからであり…それは我々だけが埋められる空洞だ。XMは今もなお、知識の普及のための驚異的な媒体である。そして、人類の歴史の中で初めて、Ingressスキャナーの助けを借りて、人類はエキゾチックマターを思い通りに利用できるようになる。今後XMは人間による人間のための媒体となるだろう。そして、私達全員が一丸となって、この媒体を全人類の向上のために活用できるようになる事が、私達の願いである。

過去には、Ingressエージェントがポータルをキャプチャーした時、彼らは常にそのポータルを自陣営に共鳴させていた。しかし、その共鳴の副作用として、それらのポータルから出てくるXMを、それらの関連するエクゾジェナスである、エンライテンドにおけるシェイパー、レジスタンスにおけるナジーアによって利用されるための呼び水にした。」

f:id:edgeknight:20201009161232p:plain

ECNIABB: Ezekiel Calvin, NIA internal speech p02

But, with the Exogenous out of the picture, capturing a Portal will now prime the XM coming through that Portal for use by us. No longer will XM be transmitting the ideas and ideologies of extra-dimensional aliens… from now on, the ideas and ideologies transmitted by the XM will come directory from the Re2istance and the Enlightened; From the people that make up those Factions.

High concentrations of Enlightened-aligned and Resistance-aligned scanner use in the same place at the same time have always had a strong impact on the XM landscape. This is part of the reason why the outcomes of XM Anomaly events have had such far-reaching effects in the battle between the Factions. Well, in this now, post-Exogenous world, the NIA has developed an XM construct that will continue to facilitate this kind of inter-faction competition: The Battle Beacon. And, through the u2e of the Battle Beacon. The winning side will strengthen the potency of the Factional message that they imprint upon that Portal, and reap additional benefits for emerging victorious.

With all of this in mind, it is more important now than ever that we continue to support the efforts of the Ingress Agent community in claiming Portals for their Factions. Because, while XM is a tremendous resource, it is also a resource that can be misused. I have the utmost trust in the integrity of the Ingress Agents around the globe, and I believe that the power of the Portals is safe in their hands. So we need to make sure that they continue staking claims to the Portals in their communities to keep that power from falling into the hands of bad actors who would use it for their own nefarious ends. And if they fight for those Portals using the Battle Beacons, it will make those claims even stronger.

And, just to wrap up for today, thank you again for everything you’ve done in my absence, and for easing my transition back into the director position. I still believe that XM can change our world for the better. And now, for the first time, that destiny is in our own hands. I am profoundly looking forward to the breakthroughs that lie ahead, and to each of your individual contributions. The Exogenous are gone, and it’s time to move on. One step at a time.

ECNIABB:エゼキエル・カルビンによる国家情報局内部スピーチ 2ページ

「しかし、エクソジェナスを排除してポータルをキャプチャーすると、そのポータルを通って来たXMが私達に使用されるようになる。もはやXMは超次元宇宙人の思想やイデオロギーを発信するものではない…今後はXMが発信する思想やイデオロギーレジスタンスとエンライテンドから発信され、それらの陣営を構成する人々から発信される。

高濃度に濃縮されたエンライテンド専用スキャナーとレジスタンス専用スキャナーが同時に同じ場所で使用されている事は、常にXMの情勢に強い影響を与えてきた。これは、XMアノマリーイベントの結果が、陣営間の戦いでこれほどまでに広範囲に影響を与えてきた理由の一部である。さて、今のこのポストエクゾジェナスの世界で、国家情報局はこのような陣営間競争を促進し続けるXMの構築物を開発したのがバトルビーコンだ。そして、バトルビーコンの使用を通じて勝利した側は、そのポータルに刷り込まれた陣営のメッセージの力を強化し、勝利を得るための追加の利益を得る事ができる。

これらの事を念頭に置いて、Ingressエージェントのコミュニティが自分達の陣営のためにポータルを維持する努力をサポートし続ける事が、これまで以上に重要になっている。なぜなら、XMは途方もない資源だが、悪用される可能性がある資源でもあるからだ。私は世界中のIngressエージェントの誠実さを最も信頼しているし、ポータルの力は彼らの手の中で守られていると信じている。ポータルの力を悪用する悪党の手に落ちないように、彼らが地域社会でポータルを維持し続ける事を確認する必要がある。彼らがバトルビーコンを使ってポータルのために戦えばその傾向は更に強くなるだろう。

そして、今日の締めくくりになるが、私の不在の間にしてくれた事、そして私の局長への復帰を容易にしてくれた事に改めて感謝する。私は今でもXMが世界を変えると信じている。そして今、初めてその運命は私達自身の手に委ねられている。私は、この先に待ち受ける躍進と、皆の個々の貢献を心から楽しみにしている。エクゾジェナスは消え、一歩ずつ前に進む時が来たのだ。」

経緯

AL 13という人物がIngressのストーリーライン調査コミュニティのオペレーション・エセックスのTelegramグループにエゼキエル・カルビンのスピーチ文書とする画像を投稿した。

f:id:edgeknight:20201009160926p:plain

AL 13 [2020.10.9 15:21]
I will save the intro and cut to the chase. Just received this intel:

 AL 13「前置きはさておき、本題を言おう。この情報を受け取ったばかりだ。」

そう言って以下の画像が投稿された。

f:id:edgeknight:20201009161210p:plain

f:id:edgeknight:20201009161003p:plain

RuinDig [2020.10.9 15:54]
Hey, where did this come from?

AL 13 [2020.10.9 15:59]
I need to protect the identity of my source, but I believe this is the draft of the speech Ezekiel Calvin recently gave to the Agents of NIA.

「なあ、これはどこから来たんだ?」

AL 13「情報源の身元を守る必要があるけど、これは最近になってエゼキエル・カルビンが国家情報局のエージェントに向けて行ったスピーチの草稿だと思っている。」

RuinDig [2020.10.9 16:00]
What Universe of Ezekiel Calvin? Osiris? 1218?

AL 13 [2020.10.9 16:01]
This is the Calvin of our node. Osiris.

「どこの世界のエゼキエル・カルビンなんだ?オシリス世界か?1218世界か?」

AL 13「これは私達の世界のカルビン、オシリスだ。」

f:id:edgeknight:20201009161100p:plain

程なくして、2枚目となる以下の画像が投稿された。

f:id:edgeknight:20201009161232p:plain

f:id:edgeknight:20201009162235p:plain

AL 13 [2020.10.9 16:15]
That's all for now. I'll share more thoughts at the usual place tomorrow.

Yu Shan [2020.10.9 16:15]
Same timing?

AL 13 [2020.10.9 16:15]
Unsure.

AL 13「今はこれで全部だ。いつもの場所で更なる考えを共有するよ。」

「同じ時間に?」

AL 13「それは分からない。」

---

AL 13が言う「いつもの場所」とは何を指し示すのか現時点では不明である。

追記:詳細

2020年10月10日追記:

AL 13の人物像など詳細な内容は以下のファンサイトの記事を参照。

ingress.lycaeum.net

-end-