blog-RuinDig

短かったり長かったりする。Articles are my own.

Umbraアノマリーの随行レポーターは募集せず(2019.10.3)

NianticIngressグローバルコミュニティマネージャーのアンドリュー・クルーグさんが有志が配信するTelegramチャンネル「Ingress Updates」のディスカッショングループで10月12日に開催されるUmbraアノマリーでの随行レポーターについて、募集しない事を明らかにしていた。日本時間の10月3日時点。*1

(※なぜこの話を今しているのかというと、未読メッセージが300件を超えていて、多すぎて追えなかったので、一括既読して流してしまっていた。)

f:id:edgeknight:20191010095109p:plain

Tobias Hengst: [2019.10.3 3:45] [返信先 Thiago Escobar @Thaldeon - L16+9]
Myriad didn't have NIA on ground anywhere, right?

「7月のMyriadアノマリーではNiantic社員の人はいなかった、で合っているかな?」

f:id:edgeknight:20191010095324p:plain

f:id:edgeknight:20191010095404p:plain

Andrew Krug: [2019.10.3 4:26] [返信先 Tobias Hengst]
No. There were folks on the ground. But there wasn't an "official" presence. No check-in, stage, after party, kickoff speech, etc.

Andrew Krug: [2019.10.3 4:27]
I was in Lithuania, too. There were folks. But they weren't... hosts... might be the best word I guess.

Andrew Krug, [03.10.19 04:27]
or "official hosts" might be more accurate maybe.

アンドリュー「それは違う。確かにいたけど、彼らは『公式に出席している』わけではなかったのさ。チェックイン・登壇・アフターパーティー・オープニングなどは無かったね。私はリトアニアにいたよ。他にもNianticの社員がいた。しかし彼らは…主催者として…ではなかった。それが上手く当てはまる言葉だと思う。あるいは、『公式な主催者として』の方がより当てはまるかもしれないな。」

f:id:edgeknight:20191010095549p:plain

Paul Davies (YouLostAStar): [2019.10.3 4:28]
Now that Niantic are charging for anomalies, are they going to change their minds on not being there in an official capacity?

Andrew Krug: [2019.10.3 4:28] [返信先 Paul Davies (YouLostAStar)]
I think that all depends on the format of the event.

Andrew Krug: [2019.10.3 4:29]
I will always try to go to them. Official capacity or not. Can't learn and see first hand from home.

Andrew Krug:
I know there are a number of people going to Sacremento.

「今、Nianticアノマリーイベントに取り組んでいる最中ですが、会社として公式にアノマリーイベントの開催都市に行かないように考えを変えようとしているのでしょうか?」

アンドリュー「それはイベントの形式によると思う。公式か非公式かに関係なく、いつも私はアノマリーイベントに行こうとしている。家にいては学びや手応えを得られないからね。何人かの社員がサクラメントでのUmbraアノマリーに参加する事は知っているさ。」

f:id:edgeknight:20191010102540p:plain

f:id:edgeknight:20191010102620p:plain

Sparks Moran: [2019.10.3 4:30]
Good. I wouldn't want to play a game run by people who don't want play the game. That seldom ends well.

Andrew Krug: [2019.10.3 4:35] [返信先 Sparks Moran]
I think the point your making though is being an active participant in the feedback loop. That is the key.
Even if folks don't play the game. Just being there and interfacing directly to hear, ask questions, and learn is extremely useful. I don't need to be a pro soccer player to understand the english primere league. I can read forums, the news, talk to friends, etc to educate myself. Semi-odd analogy I guess. Point being I don't think you need to be in the weeds daily to understand when something works or doesn't.

「良いですね。私はゲームをしたくない人が運営するゲームは遊びたくないですから。それが上手く行く事なんてめったにないです。」

アンドリュー「君の主張の要点はフィードバックの繰り返しに積極的に参加する事だと思う。それはゲームの運営にとって鍵になる。
たとえ皆がゲームをしなくても、直接会って話を聞いたり、質問したり、学んだりするだけでも、非常に役に立つさ。イングランドプレミアリーグを理解するためにプロサッカー選手になる必要はない。フォーラムの投稿やニュース記事を読んだり、友達と話したりして、自分自身で学ぶ事ができる。少々奇妙なアナロジーだとは思う。要するに、何かが上手く行っているかどうかを理解するために、毎日忙殺される必要はないと思うよ。」

f:id:edgeknight:20191010102908p:plain

f:id:edgeknight:20191010102940p:plain

f:id:edgeknight:20191010103054p:plain

Brent Hollett (@perringaiden): [2019.10.3 4:36]
Will they be identifiable as Niantic employees though?

Brent Hollett (@perringaiden): [2019.10.3 4:37]
I mean, we all recognize you, John Hanke, and Brian etc, but how much feeback will others accept or identify etc

Andrew Krug: [2019.10.3 4:38] [返信先 Brent Hollett (@perringaiden)]
That's up to the individual. There are times when it is beneficial to not be known to get honest feedback and there are times when it is beneficial to be known to get honest feedback. There is also a level of comfort they have to weigh on a personal scale too.

Andrew Krug: [2019.10.3 4:40] [返信先 Andrew Krug]
There is also a level of expectation that some people project on to employees so it can be a double edged sword. Most of these people are not the decision makers. They, like me, try to inform those people. But I can't begin to tell you how many times someone brings up an issue to me and expects me to fix things or resolve an issue. I'm used to being the effigy of Niantic and being burned. These people were not hired to interface at all with anyone as part of their job description.

「彼らはNianticの社員としての立場を明確に示されますか?と言うのも、私達はアンドリューやジョン・ハンケ、ブライアンなどを知っています。しかし、どれくらいフィードバックを受け付けてくれたり立場を明確に示したりするのでしょうか。」

アンドリュー「それは個人次第だ。明確なフィードバックを得る事を明かされていない事が有益な場合もあれば、明確なフィードバックを得る事が有益な場合もある。また、個人的な尺度で評価しなければならない快さのレベルもある。
加えて、一部の人々が社員に過度な期待をする事で、両刃の剣となる可能性がある。これらの社員のほとんどは、決裁者ではない。フィードバックを受ければ私のように、彼らは決裁者の人達に伝えようとする。しかし、誰が私に何回も問題を提起して、私が何回も問題を修正したり解決したりする事を期待しているのか、私からは言えない。私はNianticの元で働く事と、火傷する事に慣れている。こうした人達は、仕事内容の一部として誰かと交流するために雇われたわけではないよ。」

f:id:edgeknight:20191010103011p:plain

Manoj: [2019.10.3 4:41]
@RedSoloCup there is also no ER this time, right?

Andrew Krug: [2019.10.3 4:41]
correct

「アンドリュー、今回は随行レポーターもないという事で合っていますか?」

アンドリュー「その通りだ。」

f:id:edgeknight:20191010111449p:plain

f:id:edgeknight:20191010111602p:plain

Crystalwizard (ENL L16 AZ): [2019.10.3 4:39] [返信先 Andrew Krug]
It would go a long way to making the player base feel that niantic wasnt just a faceless company, but rather were a bunch of gamers, too.

Andrew Krug: [2019.10.3 4:51] [返信先 Crystalwizard (ENL L16 AZ)]
This mentality is faulty at best and comes from focusing on the negative. No one expects a line cook, fry cook, sous chef, or dishwasher to interact with the customers in a restaurant and ask if their pasta was properly salted. It's the GM that walks around, it's the waiters and maybe if you are lucky the exeuctive chef stops by. I'm a waiter. Brian Rose is the GM. John Hanke is the Executive Chef. But I don't think someone who has been hired to be a database administrator with no training in public speaking or handling personal interactions would be the ideal candidate to collect feedback face to face. We could do better to show the team playing the game and highlighting these people. But every minute they spend not doing their actual paid job means something isn't progressing.

Nianticは単なる顔の見えない会社ではなく、ゲーマーの集まりでもあるとプレイヤー達が感じられるようにするには、長い道のりがあるでしょう。」

アンドリュー「この考え方はネガティブな事に集中している事に起因しているのと、せいぜい不完全なものなんだよ。焼き・蒸し調理担当のコック、揚げ物担当のコック、副料理長、食器洗い担当などが、レストランで客と向き合ってパスタに適切な塩味が付いているかどうかを尋ねる事を期待する人はいない。歩き回っているのはゼネラルマネージャーやウェイターで、運がよければ料理長のシェフが立ち寄ってくれるかもしれない。私はウェイターだ。ゼネラルマネージャーはブライアン・ローズで、料理長はジョン・ハンケだ。
しかし、データベース管理者として採用された経験があり、スピーチや個人的なやりとりに関するトレーニングを受けていない人は、直接フィードバックを集めるのに理想的な候補者とは思わないな。開発チームがゲームをしている場面を見せて、その人達を目立たせる事はできる。しかし、彼らが実際に給与に関わる仕事をしないという事は、何かが進んでいない事を意味しているのさ。」

-end-

*1:ディスカッショングループに参加するには、TelegramアプリやTelegramのデスクトップ版からIngress UpdatesのTelegramチャンネルにアクセスして「DISCUSS」(日本語設定の場合は「語り合う」)から参加できる。

f:id:edgeknight:20191010093123p:plain