blog-RuinDig

短かったり長かったりする。Articles are my own.

IngressのヴァンガードプログラムのFAQの日本語訳

Ingressのプレイヤー・アドボカシープログラム*1である、ヴァンガードプログラムの募集が始まった。締め切りは2019年8月13日。選出結果の発表は2019年8月30日頃。

Ingressフォーラムで募集に際しての説明がされているが、FAQの内容と変わりないので、FAQを読む方が早い。

応募フォームの日本語訳は以下の通り。

ruindig.hatenablog.jp

FAQの内容:英語原文

FAQの出典:https://niantic.helpshift.com/a/ingress/?s=agent-protocol&f=about-the-alliance-of-the-vanguards-program&p=web、2019年8月6日参照。

Alliance of the Vanguard プログラムについて
Founded September 2017
FAQ last updated: August 2019

Vanguards are Ingress player advocates. Vanguards collaborate with Niantic, Inc. and the Ingress Global Community Manager to enhance the player experience by providing direct feedback on a variety of initiatives and topics ranging from but not limited to Anomaly rules, NIA OPS policy, game features, beta software, etc. They are a sounding board for new ideas and a way to get the player perspectives on issues.

In addition, Vanguards may have advance information that they are allowed to communicate to global, regional, national or local communities. Vanguards who choose to provide information to their communities must do so in accordance with Niantic’s policies and under the guidance of the Ingress Global Community Manager. Vanguards may receive token memorabilia and/or exclusive opportunities for their voluntary contributions and involvement on behalf of players.

By the end of 2019 the Vanguard program will consist of 36 Agents (18 Agents per faction).

Who is eligible to be a Vanguard?
Any player whose account is in good standing.

What does “good standing” mean?
All selected applicants have to pass an Ingress player background check performed by NIA OPS. If a player has ever received multiple warnings or a ban due to a violation of the Terms of Service (TOS), they are not eligible to be a Vanguard. Note that Niantic reserves the right to deny any applicant for any reason.

Vanguards selection criteria
The Vanguards are chosen for their diverse representation of the Ingress player base. Agent level and status within the Ingress player community have limited impact on the selection process. Selection criteria does not require Vanguards to be considered community leaders, although we recognize that some may be viewed as such within their respective Ingress Factions.

Vanguards will be selected primarily based on their geographic location, knowledge of Ingress (both experts and novices) and their explanation as to why they would make a good player advocate. The ability to read, write, and communicate verbally in English is a requirement.

Who selects the Vanguards?
The Ingress Global Community Manager (GCM) reviews applicants with the Regional Community Managers (RCM) and, based on the applications submitted, selects those who seem best suited to represent the players and enhance their experience.

Vanguards relationship with Niantic
To participate in the Vanguard program, Agents will have to agree to and sign a Non-Disclosure Agreement (NDA). Violating the NDA may result in immediate removal from the program, legal action against the person, and the termination of the person’s Ingress account.

Vanguard expectations
While participation is entirely voluntary, Vanguards are expected to actively and constructively engage with the Ingress GCM, RCMs, and other Vanguards on a regular basis on the designated chat platform. Failure to regularly contribute may result in being removed from the program. Vanguards may take on additional tasks as they choose. This brief summary of current Vanguard responsibilities is not intended to be comprehensive or complete.

Replacing Vanguards
In August 2019 we will be accepting applications for twelve new Vanguard positions and replacing any Vanguards who have retired or are no longer participating in the program. In January of 2020 six Vanguards will be rotated out and replaced starting with the longest serving Vanguards first. Every year after that in January, twelve Vanguards will be rotated out and replaced. Note that Niantic reserves the right to remove and replace any Vanguard for any reason at any time.

Vanguards can retire from the program at any point in time by notifying the GCM of their intentions to no longer participate via email.

Any selected Vanguard that changes faction may be evaluated for possible removal in order to maintain an even Faction balance.
Do the Ingress Vanguards select event POCs?
No. Niantic believes the Ingress Vanguards have a more direct connection to communities and are able to effectively facilitate player feedback to Niantic to enhance the player experience. In the case of Ingress Anomalies only, Ingress Vanguards may provide Niantic information that they believe would be helpful in selecting an appropriate event POC. Local communities submit their event POC candidates to Ingress Vanguards who then provide contact information to the Ingress GCM for review and approval. In some cases, an Ingress Vanguard may belong to a local community hosting an event and may have an opinion on who should be nominated from that local community. However, they are expressing their opinion as a player member of that community and not as an Ingress Vanguard. Local communities may choose to nominate a Vanguard as an event POC but being a Vanguard does not automatically mean selection as an event POC.

What are the limitations of a Vanguard?
Vanguards are player community members who volunteer to represent and advocate for other players for the purpose of enhancing the overall player experience. They are not Niantic employees and do not represent Niantic. They do not have access to Niantic systems, including personally identifiable information or the OPR status of other Agents. They are not authorized to make any decisions related to Niantic or its games, including but not limited to help center tickets, Mission submissions, Portal nominations, Portal appeals, or account ban appeals.

Connecting with Vanguards
Each Vanguard determines their availability and manner in which they choose to engage with fellow Ingress Agents. Some Vanguards may be more open than others to chat directly with other players. The program does not require Vanguards to maintain any availability to respond to Agent inquiries.

Becoming a Vanguard
Niantic will hold an open call for volunteers starting in August 2019. Every year after that, applications to be a Vanguard will be accepted in January on a continuing annual basis.

We may periodically open applications when replacements are required outside of the normal annual cycle. If a replacement is required within three months of a previous open call for applications we may use applications from the previous round of solicitation.

Agents who have previously participated in the Vanguard program are eligible to apply to participate a second time after waiting two years from when they exited the program.

In Conclusion
Vanguards are player advocates. As such, their own opinions and advice to any player are their own and are not representative of Niantic. They are encouraged to provide feedback to Niantic, whether based on their own opinions or to pass on opinions and sentiments of their local community. Vanguards are not affiliated with Niantic and their own opinions and advice are purely derived from their personal experience as Agents to other Agents.

FAQの内容:日本語訳

ヴァンガードプログラムについて

2017年9月設立
FAQの最終更新:2019年8月

ヴァンガードIngressプレイヤーの代弁者のようなものです。ヴァンガードは、Niantic, Inc.及びIngressグローバルコミュニティマネージャーと協力して、プレイヤーの体験を向上させるために、アノマリールール、NIA OPSポリシー、アプリの機能、ベータソフトウェアなどに限らない、様々なイニシアチブやトピックに関する直接的なフィードバックを提供します。これらは、新しいアイデアのための基盤であり、プレイヤーの問題に対する考え方を得る方法です。

さらに、ヴァンガードは、グローバル、広域、国、または地元コミュニティとの交流を事前に許可されている場合があります。ヴァンガードが自らのコミュニティに情報を提供する場合は、Nianticの方針に従い、かつ、Ingressグローバルコミュニティマネージャーの指導の下に、情報を提供しなければなりません。ヴァンガードは、プレイヤーに代わって自発的な貢献及び参加のための記念品と限られた貴重な機会の両方またはどちらかを受け取る事ができます。

2019年末には、ヴァンガードレジスタンスとエンライテンドの両陣営から18人ずつ、合計36人から構成される予定です。

ヴァンガードになれるのはどんな人なのか?

自分のアカウントが健全なアカウントである人です。

「健全なアカウント」とは何か?

選ばれた人は、NIA OPSIngressプレイヤーのバックグラウンドチェックに合格しなければならず、その人がサービス規約違反による警告や停止措置を複数回受けた事がある場合、ヴァンガードに選ばれる資格はありません。Nianticは、いかなる理由においても出願人を拒絶する権利を留保する事に留意してください。

ヴァンガードが選ばれる基準

ヴァンガードは、多様なIngressプレイヤーベースの代表として選ばれます。Ingressプレイヤーのコミュニティ内のエージェントレベルとステータスは、選出プロセスに限定的な影響を与えます。選出基準は、ヴァンガードがコミュニティのリーダーと見なされる事を要求していませんが、Nianticは、いくつかのヴァンガードがそれぞれの陣営内でそのように見なされるかもしれない事を認識します。

ヴァンガードは主に、応募者の地理的な位置、Ingressの専門知識と初歩の知識、そしてなぜ自分が優れたプレイヤーアドボケイトに相応しいのかという応募者自身の説明に基づいて選ばれるでしょう。英語の読み書きと英会話の口頭でのコミュニケーション能力が必須です。

誰がヴァンガードを選出するのか?

Ingressグローバルコミュニティマネージャー(GCM)は、地域別コミュニティマネージャー(RCM)と共に応募者を審査し、提出された応募に基づいて、プレイヤーを代表し、彼らの経験を高めるのに最も適していると思われる応募者を選出します。

ヴァンガードNianticと結ぶ契約

ヴァンガードプログラムに参加するには、プレイヤーは秘密保持契約(NDA)に同意し、署名する必要があります。NDAに違反すると、すぐにヴァンガードプログラムから追放され、その人物に対する法的措置が取られ、その人物のIngressアカウントが停止します。

ヴァンガードに期待される事

参加は完全に自発的ですが、ヴァンガードは指定されたチャットプラットフォーム上でグローバルコミュニティマネージャーや地域別コミュニティマネージャー、その他のヴァンガードと定期的に積極的かつ建設的に関わることが期待されています。定期的に参加しないと、ヴァンガードプログラムから退去される可能性があります。ヴァンガードは、自分の選択に応じて追加のタスクを引き受ける事ができます。このヴァンガードの責務の簡潔な要約は、包括的または完全なものではありません。

ヴァンガードの交代

2019年8月には、12名のヴァンガードの新規応募を受け付け、引退したヴァンガードやプログラムに参加しなくなったヴァンガードの入れ替えを行います。2020年1月には、最も長く参加しているヴァンガードから順番に入れ替えられます。以後、毎年1月に12人のヴァンガードが入れ替えられます。Nianticは、理由を問わず、いかなるヴァンガードも随時退出及び交代させる権利を持ちます。

ヴァンガードは、メールでグローバルコミュニティマネージャーに参加しない意向を伝える事で、いつでもプログラムを終了する事ができます。

陣営を変更する選択をしたヴァンガードは、均等な陣営別の人数バランスを維持するために、退出される可能性があります。

ヴァンガードがイベントのプレイヤー代表(POC)を選ぶ事はあるのか?

いいえ、ありません。Nianticは、ヴァンガードの方がコミュニティとより直接的な繋がりを持ち、プレイヤー体験を向上させるためにプレイヤーからNianticへのフィードバックを効果的に促進できると考えています。Ingressアノマリーのみの場合には、ヴァンガードは、適切なイベントのPOCを選択するのに役立つ情報をNianticに提供する事ができます。

地域コミュニティは、イベントPOC候補をヴァンガードに提出し、グローバルコミュニティマネージャーに連絡先情報を提供してレビューと承認を受けます。場合によっては、ヴァンガードはイベントを主催する地域コミュニティに所属し、その地域コミュニティから誰を指名すべきかについて意見を出すかもしれません。しかしその場合、彼らはヴァンガードとしてではなく、そのコミュニティのプレイヤーとしての意見を表明しています。

地域コミュニティは、ヴァンガードをイベントPOCとして推薦する事を選択しても良いですが、ヴァンガードである事が自動的にイベントPOCとして選択する事を意味するわけではありません。

ヴァンガードができない事とは

ヴァンガードとは、プレイヤーの全体的な体験を向上させるために、他のプレイヤーを代表したり擁護するために自発的に参加するプレイヤーコミュニティのメンバーです。ヴァンガードNianticの従業員ではなく、Nianticを代表するものではありません。ヴァンガードは個人を特定できる情報または他のプレイヤーのOPRの状態を含むNianticのシステムにアクセスする事はできません。ヴァンガードは、Nianticまたはそのゲームに関する一切の決定を行う権限を持ちません。例えば、ヘルプセンターのチケット、ミッションへの応募、ポータルの推薦(申請)、ポータルへの異議申し立てまたはアカウントの停止措置への異議申し立てなどを含みますが、これらに限るものではありません。

ヴァンガードとの繋がり

ヴァンガードの各メンバーは、他のIngressプレイヤーとの関わり方を決める事があります。一部のヴァンガードは、他のプレイヤーと直接チャットするために、他よりもオープンであるかもしれません。このプログラムでは、プレイヤーの照会に応答するための可用性を維持するためにヴァンガードは必要ありません。

ヴァンガードになるには

Nianticは、2019年8月からヴァンガードの募集を開始し、その後も毎年1月にヴァンガードの応募を受け付けています。

通常の年間サイクル以外で交代が必要な場合は、一時的に応募フォームを開く事があります。前回の応募フォームの開設から3か月以内に交代が必要な場合は、前回の募集ラウンドの応募フォームを使用できます。

以前にヴァンガードプログラムに参加したことのあるIngressプレイヤーは、プログラムを終了してから2年間待った後、2回目の参加を申し込む資格があります。

最後に

ヴァンガードIngressプレイヤーの代弁者です。したがって、いかなるプレイヤーに対する自己の意見及び助言も、Nianticを代表するものではありません。ヴァンガードは、自らの意見に基づくものであるか、または地域コミュニティの意見や思いを伝えるものであるかを問わず、Nianticにフィードバックを提供する事を奨励されます。ヴァンカードはNianticと関係がなく、自らの意見及び助言は、他のIngressプレイヤーに対するIngressプレイヤーとしての個人的な経験のみに基づいています。

 

-end-

*1:アドボカシーという単語について:IT業界では自社製品やサービスを社外の開発者に啓蒙する職種として「アドボケイト」がある。アドボカシーはこれと同義語。

next.rikunabi.com

codezine.jp

IngressヴァンガードプログラムにおいてはNianticとプレイヤーの橋渡しをする役割を担う人とみていいと思う。