blog-RuinDig

短かったり長かったりする。Articles are my own.

「London Fiveは何者なのか?」の書き起こし Transcript of "Who are the London Five?" #WizardsUnite #魔法同盟

f:id:edgeknight:20190519140357p:plain

文書の中身を書き起こして日本語に訳してみた。Made transcripts of documents.

【目次 Index】

文書その1 Document #1

LONDON FIVE STILL MISSING

Families are left outraged and somewhat hysterical as investigation into one of biggest tragedies in recent wizarding history is closed.
With no further leads, there's a better chance of finding a Bowtruckle in a pile of twigs, than finding them.

ロンドン・ファイブはまだ行方不明のまま

「最近の魔法使いの歴史における最大の悲劇の1つに対する調査が終了した事で、家族達は怒り、いくぶんヒステリックになっている。
これ以上の手がかりがなければ、小枝の山の中に『ボウトラックル』が見つかる可能性は、小枝を見つける可能性より高くなる。」

warnerbros.co.jp

harrypotter.fandom.com

文書その2 Document #2

 

MINISTRY OF MAGIC
LOVE ROOM ENTRANCE LOG
NAME IN OUT
Grim Fawley 23:00 23:50
Cleaner 07:15 08:00
Cleaner 07:15 08:00
Grim Fawley 21:15 22:35
Reaina Rowle 08:30 08:37
Gaibh Grungnwr 22:06 23:00
Grim Fawley 23:15 00:10
Grim Fawley 21:00 21:46
Albert Sallow 09:15 10:00
Grim Fawley 20:00 20:47
Grim Fawley 20:45 21:30
Grim Fawley 20:47 21:42

(Grims entering the love room at odd times)

「魔法省   ラブ・ルーム入室記録」

(グリムはラブ・ルームに奇数回入室している)

―ラブ・ルームってなんだろうか。何の部屋なのか。

文書その3 Document #3

Uma pergunta: por que é que o Winistério Britânioo ioi esoolhido como Central Mundial de Calamidades? Nem existiria calamidade se não iosse pela atuação inoonsequente de um de seus iunoionários.

Translate from Portuguese at Google Translate: "One question: Why is it that the British Ministry of Science and Technology is the World Disaster Center? Nor would there be a calamity if it were not for the immediate action of one of his students." 

Google翻訳ポルトガル語から英語に変換し、英語から日本語に変換:「1つの質問:英国科学技術省が世界災害センターだというのはなぜですか?学生の1人がすぐに行動しなければ、災難も起こらなかったでしょうに。」

文書その4 Document #4

WITNESS TRANSCRIPT
MATHILDA GRIMBLEHAWK

INTERVIEW CONDUCTED BY: CONSTANCE PICKERING

"So where were you on the morning of the incident?
It was a very normal mornig really. Let's see...I replied to a flook of memos, sent a couple of owls... Nothing particularly eventful. The office started raing again, probaly around mid-mornig, so I nipped off for a quick pumpkin juice.

 

How did you end up at the Love Chamber?
Erm well...I'm not sure...I must admit it's a tad on the fussy side. But I'm vertain I was there on official important business it's just at this point in time I can't tell you precisely what that business was"

(unveliable alibi)

目撃証言

チルダ・グリンブルホーク

インタビュー担当:コンスタンス・ピッカリング

「それで、事件の朝、あなたはどこにいましたか?」
「本当に普通の朝でした。そうですね...私はメモをちらりと見て、フクロウを2羽送りました...特に問題はありません。会社がまた慌ただしくなって、朝の半ば頃になったので、私は急いでカボチャジュースを買いに行きました。」

 

「どのようにしてラブ・チェンバーにたどり着いたのですか?」
「うーん...どうでしょう...正直言って、難しい面があるのは認めざるを得ません。しかし、私は公式の重要な用件に関してそこにいたと確信しています。ちょうどこの時点で、その用件が何だったのか正確には言えません。」

(あやふやなアリバイ)

文書その5 Document #5

Everyone keeps telling me to let this go, to focus on the here and now... But I will never let it go. I will find you. Oh Nec, every conersation we've ever had, everything you couldn't say. Unforgivable: maybe. But I have hope... Maybe Prague will give me the answer I seek

they love, most and least into the Light

(Spell?? very rare/ancient)

「誰もが私に、これを手放して、ここと今に集中して...と言い続けています。でも絶対に手放さない。私は、あなたを見つけます。ああ、ニック、私達が受けた全ての慰め、あなたが言えない全て。たぶん、許せない。しかし、私には希望があります...きっとプラハは私が求めている答えをくれるだろう。」

「彼らは大部分、そして少なくとも光に愛している」

(呪文?? とても珍しい/古い)

文書その6 Document #6

昨日の午後、貴省のグリム・フォウリー氏が弊省を来訪した件についてお知らせします。彼の振る舞いにはいささか不審な点がありました。稀覯*1文書の閲覧を要求したのです。正規の手続きを経ていないため、もちろん要求は却下されました。規則を軽んじるとは、魔法省の役人にあるまじき行為です。当省としましては、 フォウリー氏に詳細かつ丁寧な説明を求めたいと思います。

(letter from the Japanese Ministry of Magic)

(日本の魔法省からの書簡)

―魔法省日本支部じゃなくて「日本の魔法省」なんだな。魔法界だから現実の日本の官公庁みたく公然とした組織ではないと思う。

文書その7 Document #7

MINISTRY OF MAGIC     MEMORANDUM

TO: CONSTANCE PICKERING
FROM: HERMIONE
SUBJECT: URGENT REQUESTS TO ESTABLISH NEW DEPARTMENT

As you are well aware The Calamity is causing more havoc than we could have ever imagined. It is imperative that we get on top of it without delay. Therefore, we would like to you to help us set up a new department tasked with the sole purpose of containing The Calamity and recruiting Wizards to the cause. We are calling this department The Statute of Secrecy Task Force.

魔法省  メモ

ハーマイオニーからコンスタンス・ピッカリング

件名:新しい部署を設立するための緊急要請

知っての通り、この大惨事は私達が想像していた以上の大惨事を引き起こしています。私達が遅れる事なく事態の最前線に立たなければなりません。ですから、私達は、大災厄を封じ込めるという目的のために魔法使いを採用する事を専門とする、新しい部署を設立するのを手伝っていただきたいのです。私達はこの部署を『機密保持法特別部隊』と呼んでいます。

-end-

*1:きこう:〔本などについて〕めったに見られないこと。めずらしいこと。出典:三省堂国語辞典 第七版、p.329、2014年。