blog-RuinDig

短かったり長かったりする。Articles are my own.

Ingressのマネタイズについての議論とアイデア

きっかけ

ここ最近、有志が配信するTelegramチャンネル「Ingress Updates」のTelegramグループでIngressのマネタイズについて話し合う場面があった。*1

何がきっかけなのかというと、アノマリーイベントのチケットの完全有料化だ(と認識している)。

ingress.lycaeum.net

ちなみにその後、無料チケット(メダル非付与)の追加とオンサイト有料チケット購入者に対して、友人などに送って使う目的で、同じ都市のオンサイト有料チケットが100%オフになるプロモーションコード2個の発行が発表された。

ingress.lycaeum.net

チケットの完全有料化は参加する入口を狭くして規模を小さくしてより安全なイベントの運営をしていくのでは?という意見も見かけたので、そういう方向なのかもしれないし、アプリ内課金とパートナーシップでのCost Per Visitの収益モデルに加えて、イベントの参加チケットによるマネタイズを本格化した可能性も否定できない。

これまでのアノマリーイベントのチケット

これまで、Ingressアノマリーイベントでは2015年のAbaddonから2019年のMyriadアノマリーまで、無料チケットと有料チケットの大きく分けて2種類が販売されていた。

charingress.tokyo

ingress.lycaeum.net

f:id:edgeknight:20190924170435p:plain

2016年2月のObsidian浜松でのチケット選択画面。一番上に無料チケット。まだこの頃は無料チケット・有料チケット共にメダルが付与・取得できた。

マネタイズ案を出したが

有志が配信するTelegramチャンネル「Ingress Updates」のTelegramグループでIngressのマネタイズについてしばらく話し合うと、マネタイズについて話し合うグループが別に設けられ、そこではサブスクリプションなどの案が出された。

そこに加わって1つ案を出した。

VR端末を使ったIntelMapの機能やMR Intel SimulatorをPro機能としてサブスクリプションで提供するというものだった。

www.youtube.com

japan.cnet.com

www.youtube.com

www.youtube.com

app.famitsu.com

しかし、Nianticの「"Pay to win"=お金で勝てる事を避ける姿勢」を考えると、VR端末を使ったIntelMapの追加機能やMR Intel Simulatorを有料機能として提供すると、オペレーション(Intel Mapを見ながら離れた地にいるエージェントに指示を出す事)において優位性が生まれると考えたので、マネタイズ案には相応しくないだろう。

www.sankeibiz.jp

japan.cnet.com

マネタイズのためのアイデアのまとめ

ちなみに、マネタイズについて話し合うグループでのアイデアが以下のドキュメントにまとめられた。サブスクリプション系の仕組み、ボイスパック追加やカスタムメダルなどのカスタムシステム、アノマリーイベント用インベントリの追加システムなどが挙がっている。

docs.google.com

Ingressフォーラムでも

また、Ingressフォーラムでも「Ingressが収益性を上げるためのあなたのアイデアはなにか?」というディスカッションが設けられていて、既に40件以上のコメントが寄せられている。

Even though this is an assumption, but based on recent events, 100% increase on frackers, paid anomaly tickets, it is clear to me that Niantic is looking for a more sustaining way to operate instead of intermittent income.

likely that somewhere in the terms of service we have given all rights away to Niantic on what we say here (who reads those things?) so why not brainstorm here and use wisdom of the crowd to make ingress, the game we all (mostly) love better. What would viable options be that would create more profit

For example, I wouldn't mind paying a monthly fee for having an extra 20% redacted on the cooldown of my hacks on all portals. Others would really consider this pay to win and would hate it and shut that idea down.

I would love a paid option to an api where I could hook up the portal closest to my home and hook up an Arduino or Raspberry to a smart light that would change the colors depending on neutral/blue/green/attacked. The creative things we could do with that... (hell, ingress could team up with some of the smart people that play this game and sell kits for it).

Why can't I buy CMU directly from the website as a digital pack/code instead of the play/app store where google/apple takes a cut.

Why the requirement for a creditcard when so many people do not own one (and I was told that the payment provider Nia uses actually has options for other (local) payment options that have the exact same processing fees)

What would your thing be? What do you think is the best option to create a better revenue stream for ingress without it hurting gameplay within reason, I mean 'keep it as is' clearly seems no longer to be an option.

出典: [What would your idea be to make ingress more profitable?] Posted by Techanie at Ingress Community Forums:
https://community.ingress.com/en/discussion/4207/what-would-your-idea-be-to-make-ingress-more-profitable/p1、2019年9月14日投稿、2019年9月21日参照。

「これは推定ではありますが、最近のイベントによると、フラッカーの購入とアノマリーの有料チケットの購入が100%増加していて、Nianticが断続的な収入の代わりになる持続的な運営方法を探している事は明らかです。

利用規約(誰が読むのか?)のどこかで、私達がここで述べている事についてNianticに全ての権利を与えた可能性が高いため、私達のほぼ全員がよく愛するゲームであるIngressを皆の知恵を使ってここでブレインストーミングを行いましょう。より多くの利益を生み出す可能性のある選択肢は何でしょうか?

例えば、全てのポータルで私が行なったハックのクールダウンを20%縮めてもらうのに、毎月の使用料を払ってもかまわないです。他の人達は、Pay to Winになるこのアイデアを嫌って却下するでしょう。

自宅に一番近いポータルに接続して、ArduinoやRaspberryをスマートライトへ繋いで白・青・緑・被弾時に応じて色を変えられるような、有料のAPIが欲しいです。それを使って私たちができる創造的な事は……(Ingressをプレイしてこのキットを売る賢い人達とチームを組む事ができる)。

GoogleAppleが手数料を取るGoogle PlayストアやApp Storeではなく、ウェブサイトから直接デジタルパックやコードとしてCMU(カオティックマターユニット、課金アイテム購入用アプリ内通貨)を購入できないのはなぜでしょうか?
多くの人がクレジットカードを所有していないのに、なぜ購入する時にクレジットカードを必要とするのでしょうか?(Nianticが利用している決済プロバイダーは、実際には全く同じ手数料でローカルな決済方法など他の決済方法を利用できると教わりました。)

あなたの考えは何ですか?理に適った範囲内でゲームプレイを損なう事なく、より良い収入源を作り出す最善の選択肢は何だと思いますか?つまり、『現状維持』はもはや選択肢ではないのは明らかなようです。」

community.ingress.com

コメントを2つ紹介する。

マネタイズ案1

I think that cosmetics with some functionality might be a good route.

  1. So far in Prime you can change the label of a capsule—which is a long sought after feature—and the bright colours of the key capsules make it easier to sort keys for different places. That said, if the store sold a kit that let us upgrade a capsule (or pack of 5 upgrades for a lower per capsule upgrade cost) to allow for changes to the color schema (at minimum 2-colours should be editable on a capsule as well as the name text colour and with the same selection of colours offered to us for our agent logo) of a given capsule (be it quantum or regular) that would help with rapid identification of a capsule. Basically have it so it converts a capsule into a deluxe one that can have its colour re-assigned numerous times. Some free-to-play games let a player do this with their inventory tabs as it can help keep inventory well organized and quick to parse.
  2. Remember the novelty of the Pacman scanner on April first some years back? From what I can tell it was pretty well received. Being able to change the skin on your scanner. Basically offer 2-3 other skins for free (perhaps a special ENL-centric, a special RES-centric, and a stripped-down "1.x-themed" skin), but have extra ones be individually purchasable or part of a (cheaper) pack. While this would probably create a legacy issue if the game added more features/effects (for new weapons or objects) some folks might appreciate this. I'm not saying that the game should be Fortnite, but sometimes customizing the way that you interact with the game can add to the enjoyment—plus during anomalies sometimes folks go out of their way to express themselves and their team spirit; this gives them one more option for doing that.

出典:Posted by MaikeruGo at Ingress Community Forums:
https://community.ingress.com/en/discussion/comment/27935/#Comment_27935、2019年9月14日投稿、2019年9月24日参照。

「機能性のある見た目のカスタムシステムが良いと思います。

  1. Ingress Primeではこれまで、カプセルの名前を変更する事ができて(これは長い間求められてきた機能です)、キーカプセルの明るい色によって、キーを様々な場所に整理しやすくなっています。とはいえ、もしストアが販売していたキットで、カプセルをアップグレードして(または、カプセルあたりのアップグレードコストを削減するための5つのアップグレードパック)、特定のカプセルの色の枠組み(最低でも2色がカプセルで編集可能でなければなりません。また、名前のテキストカラーと、エージェントロゴ用に提供されている色と同じ色を選択できなければなりません)のクオンタムカプセルか通常のカプセルを変更できるようにすれば、カプセルの迅速な識別に役立つでしょう。
    基本的には、カプセルをデラックスなカプセルに変換し、何度も色を変えられるようにします。他の無料で遊べるゲームの中には、プレイヤーがインベントリタブを使ってこれを行うことができるものもあります。これは、インベントリをきちんと整理し、素早く中身を判断するために役立つからです。
  2. 数年前の4月1日に登場した『パックマン』スキャナーを覚えているでしょうか?私の知る限りでは、かなり好評でした。それはスキャナーのスキンを変更できるものです。基本的には、他の2~3種類のスキン(エンライテンド中心の特殊なスキン、レジスタンス中心の特殊なスキン、アップデートを終えた「Ingress ver.1.xテーマ」のスキンでしょう)を無料で提供しますが、追加のスキンは個別に購入するか、(安価な)パックの一部として入手できるものとします。これはおそらく、ゲームが新しい武器や道具のためにより多くの機能と効果を追加した場合、レガシーな問題を引き起こすかもしれませんが、一部の人々はこれを歓迎するかもしれません。私はこのゲームがフォートナイトのようにあるべきだと言うわけではなく、ゲームをプレイする方法をカスタマイズする事で楽しみが増す事があるという事です。これにより、もう1つの選択肢が与えられます。」

スキンとは:一般的には、ゲームにおけるメニュー画面などのデザインのセットを意味する。キャラクターの強さなどゲームプレイそのものに影響を与えるものではなく、操作画面の色合いなどの見た目が変わるだけである。

dic.pixiv.net

Ingressパックマンについては以下の記事と日本語字幕付きの動画を参照。

www.gizmodo.jp

www.youtube.com

Ingress ver.1.xのスキンはScanner[REDACTED]と同じものだが、今後スキンとしてそれが実装される事はない、とNianticIngressグローバルコミュニティマネージャーを務めるアンドリュー・クルーグさんが述べている。詳しくは以下を参照。

アンドリュー「それがScanner[REDACTED]のデザインがIngress Primeにスキンとして実装されない理由でもある。なぜなら、ボタンやボタンの枠組みなど、何もかもがIngress Primeとは違う配置だからだ。だから、別々のユーザーインターフェースを維持する計画はないよ。」

アンドリューさんのコメント:RoboVMについて #Ingress - blog-RuinDig

ruindig.hatenablog.jp

マネタイズ案2

General Ideas

A Paid API
An Api would allow third party providers to create services linked to Ingress. (There are multiple Services that are already using Ingress data but Niantic don't get any money out of it, (AgentStats, IngressMosaiks, EBL etc etc. (yes those add also a lot value to the game but they are also having a business model arround Ingress data and if they have to pay a reasonable amount of money this connections could be made profitable for both sides.)
With this API Tools like Agentstats would be able to get the Agent Stats if the Agents give the Tool the required permissions
Or Hardware that reacts to the closest (or a selected) portal can retrieve the portal faction and level. (e.g. Lamp lighting up in the color of the nearest portal).
Get the Faction, Level, Location, Links and Fields of an Area -> This would allow services that give you the portal count, and various other stats about the portals in your city. (IngressWeather)

Payment Model:
Request Agent Statistics. (via OAuth) 0.001$ / Request
Request Single Portal Detail (via APIKey) 0.0001$ / Request
Request Area of Portals 0.01$ / Request

Example Revenue
AgentStats: 1 Update / day => 0.03$/month so updating the statistics daily will cost 0.03$/Month/User
Portal State: 1 Update / 5 minutes => 0.86$ / month
Portal Area Update: 1 Update / hour => 7.20$ / month
Yes this numbers seam to be low but they will quickly add up.

Event Toolbox for limited sized events.
For small events there could be a Toolbox that allows to create a custom small sized event costs depend on time/selected modes and number of portals.

Some example numbers:
Shard game
1$ / shard / jump
5$/ target portal(1 for each faction) / jump
Portal control
0.2$ / Portal / meassurement
1$ / Volatile / Meassurement
Link Chain
5$ / Start Portal / Meassurement
Unique Hacks
2$ / Portal
For bigger sized event. (think about an amusement park that creates an event for a lesser frequented time to get more guests) or a local community that wants to hold a minature test anomalie to show the new agents how an anomalie works or just want to have a fun event.

Example Event
10 Shards with a jump every 10 minutes and 2 target portals for 1 hour => (10x1$+2x5$) x 6 = 120$
75 Portals + 5 Volatiles with measurement every 10min for 1 hour => (75x0.2$+5x1$) x 4 = 120$
4 Link chain Start portals measurement every 10 minutes => 4x5$ x 6 = 120$
Total: 360€

Sell Swag
Selling Swag (with a good quality) will create a huge income spike. (Clothing, Pins, etc etc) from my experience as Anomalie PoC i can say there is a lot of money to be earned by just creating swag.

Coorporation Ideas
Ingress Hotels
Giving out the Anomalie dates early to a partner in the travel industry that with this information can create special offers targettet at Ingress Agents.

Sponsored Items
this is already happening but could be increased (limited time items for different companies)

Ingress special hardware
Things like an Ingress Plus

出典:Posted by Aradiv at Ingress Community Forums:
https://community.ingress.com/en/discussion/comment/28842/#Comment_28842、2019年9月16日投稿、2019年9月24日参照。

一般的なアイデア

有料API
 APIサードパーティのプロバイダーがIngressに繋がるサービスを作成できるようにします。Ingressのデータを既に使用している複数のサービスがありますが、Nianticはそこからお金を得る事ができません。AgentStats、IngressMosaiks、Enlightened League等です。確かに、それらはゲームにも大きな価値を加えますが、彼らはIngressのデータに関連したビジネスモデルを持っていて、もし彼らが妥当な金額を支払わなければならないなら、この関係は両方のために利益を生む事ができます。
 このAPIを使用すると、AgentStatsのようなツールは、エージェントがツールに必要な権限を与える場合に、エージェントの実績情報を取得できます。
 または、最も近い(または選択した)ポータルに反応するハードウェアは、ポータルのグループとレベルを取得できます(例:最も近いポータルの色で点灯するランプ)。
 「陣営」「レベル」「場所」「リンクの数」「コントロールフィールド」 の情報を取得する天気予報のような情報提供サービスも。これによって、あなたの都市のポータルの数など、その他の様々な統計情報を提供するサービスが可能になります。

課金モデル:
エージェントの実績情報のリクエスト (OAuth経由) 0.001ドル/1リクエス
単一ポータルの情報リクエスト (APIKey経由) 0.0001ドル/1リクエス
エリア内のポータルのリクエスト 0.01ドル/1リクエス

収益の例
AgentStats:更新1回/1日→0.03ドル/1カ月。従って、統計情報を毎日更新するには、ユーザー1人につき1カ月0.03ドルのコストがかかります。
単一ポータルの情報:更新1回/5分→0.86ドル/1カ月
エリア内のポータルの更新:1更新/1時間→7.2ドル/1カ月
この価格は低いかもしれませんが、すぐに計算が合うようになります。

制限されたサイズのイベント用のイベントツールボックス
小規模なイベントの場合は、時間や選択したシステム、ポータルの数に応じて、小規模なコストでカスタムイベントを作成できるツールボックスがあります。

数値の例:
シャードゲーム(ターゲットポータルへリンクで欠片をリレーして競う)
・シャード/ジャンプ1回→1ドル
・各陣営1個のターゲットポータルへのジャンプ1回→5ドル
ポータル制圧戦(ポータルキャプチャ数を競う)
・ポータル/測定1回→0.2ドル
・ボラタイルポータル(得点2倍)/測定1回→1ドル
リンクチェイン(リンクを繋いだ距離を競う)
・スタートポータル/測定1回→5ドル
ユニークポータルハック(何箇所のポータルをハックしたかを競う)
・ポータル1個→2ドル

より多くの客を集めるために、あまり来訪者が少ない時間にイベントを作る遊園地での大規模なイベントに適しているでしょう。あるいは、アノマリーがどのように機能するかを新しいエージェントに示すために小規模なテストアノマリーを開催したいと考えている地域コミュニティに、あるいは単に楽しいイベントを行いたいと考えている地域コミュニティに適しているでしょう。

イベントの一例
 シャード10個・10分おきにジャンプフェーズ・ターゲットポータル2個・1時間開催の場合→(10×1ドル+2×5ドル)×6=120ドル
 ポータル75個とボラタイルポータル5個・10分おきに計測・1時間開催の場合→(75×0.2ドル+5×1ドル)×4=120ドル
 スタートポータルからのリンクチェイン4本・10分おきに計測・1時間開催の場合→4×5ドル×6=120ドル
 合計360ドル

ファンアイテムの販売
良い品質でファンアイテムを売ると、収入が急増します(衣類、ピンバッジなど)。アノマリーイベントのPoCとしての私の経験から言うと、ファンアイテムを作るだけでたくさんのお金が稼げると思います。

企業との協業アイデア
Ingressホテル
アノマリーイベントの日付を早く旅行業界のパートナーに伝えることで、この情報によってIngressエージェントをターゲットにした特別な宿泊プランを提供できます。

パートナーシップやコラボレーション企業との商品
これは既に例がありますが、増加する可能性があります(各社の期間限定商品など)。

Ingress用の特殊なハードウェア
Ingress Plusのようなものです。」

過去のホテルの取り組みについては以下を参照。なお、日本での例はない。

ingress.lycaeum.net

Ingress PlusはおそらくIngress Mod Bandの事を指すと思われる。詳しくは以下を参照。

charingress.tokyo

しかし、Ingress Mod Bandについて、アンドリュー・クルーグさんは実現しないと述べている。詳しくは以下を参照。

Ingress Mod Bandは実現できますか?」

アンドリュー「いいや。実現できないね。」

アンドリュー「残念だけど、あのアイディアと潜在的な価値は本当に良かった。」

アンドリューさんのコメント:Scanner[REDACTED]の終了関連など #Ingress - blog-RuinDig

ruindig.hatenablog.jp

-end-

*1:ディスカッショングループに参加するには、TelegramアプリやTelegramのデスクトップ版からIngress UpdatesのTelegramチャンネルにアクセスして「DISCUSS」(日本語設定の場合は「語り合う」)から参加できる。

f:id:edgeknight:20190817122141p:plain